Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shiroarikujo/shiroarikujo.net/public_html/wp-content/plugins/arconix-faq/includes/metabox/init.php on line 746
意外と身近なシロアリ被害 | シロアリ駆除・防除サービス しろあり侍
  1. TOP
  2. よくある質問
  3. シロアリ被害について
  4. 意外と身近なシロアリ被害

意外と身近なシロアリ被害

シロアリ被害ってどんなの?

普段地面の中で活動しているシロアリ、普通に生活していて目にする機会はあまりないと思います、ですがガーデニングが趣味の方々は結構目にすることもあるのではないでしょうか?、写真の木杭のように直接地面に木材を打ち込んであったり、枕木などを地面に埋めたりしていると、月日が経つにつれて木材に穴が開いてきたり、木の表面がボロボロになってきます、シロアリの被害を見たことがないと「木が腐ってきたな」という思い込みで片づけてしまいがちですが、実は腐れと同時にシロアリもその木に入っているケースがほとんどです、その木材をシロアリが食べつくすと他の餌を求めて動き回っているうちに、近くにあったあなたのお家に入って土台や柱などを食べてしまったら、せっかく長期の住宅ローンを組んで建てたマイホームが地震に弱くなったり、被害の程度によっては修繕費が高額になる場合もあります。

お家にシロアリを寄せ付けない為に気を付けておくこと。

先ほどもお話ししましたが、地面に直接木を置いておいたり、木杭などを立てておくとシロアリに食べられてしまう可能性が高いです、シロアリは特別な虫だと思っているかもしれませんが、ホントどこにでもいると考えてください、市街地でもシロアリはいますしあなたのお家の周辺にも間違いなくいます、ですからシロアリの餌となる木材や段ボールなどは直接地面に置かない、もし置く場合はブロックなどで地面に直接つかないように、お家からなるべく離して置いておきましょう、もしシロアリに食べられた木材などがあればすぐに撤去しましょう。

4月の中旬からはヤマトシロアリの羽蟻の時期です。

日本の内陸部でのシロアリ被害のほとんどはヤマトシロアリによるものです、このヤマトシロアリは一年に一度4月中旬から5月中旬の日中に2回から3回に分けて数百数千匹の羽蟻が群飛します、シロアリの被害が発生しているお家ではこの群飛がお家の中で行われることもあり、遭遇した方はパニックになってしまうほど衝撃的な瞬間です、ですがその羽蟻も群飛が終わると全く出てこなくなるので、シロアリが全部いなくなったと勘違いする方もいらっしゃいます、ですが羽蟻はそのシロアリのコロニー(巣)にいる数のわずか2~3パーセントにすぎませんので、羽蟻が出終わった後も数万匹のシロアリが生息していてお家のシロアリ被害を拡大していますので、もしご自宅から羽蟻が発生したらすぐに専門業者に連絡してください。

 

 

 

 

 

 

出来れば自宅にシロアリ被害は無いほうがいいと思いませんか?

一生に一度と思って建てた自宅にシロアリ被害は無いほうがいいですよね、シロアリの被害が発生する原因はシロアリ予防の薬剤効果が切れてしまった事によるものです、新築の時にシロアリ予防処理を行っている場合がほとんどだと思いますが、通常使用されているシロアリ予防の薬剤は5年程度で効果が切れてしまうので、5年ごとに再処理していかないとシロアリの予防効果を持続させることはできません、ですがシロアリ予防の費用がそのたびに掛かってくるので「続けていけない」というのが現実ではないでしょうか、それにシロアリの被害が発生しているわけでもないのでシロアリの予防工事にそれだけの費用をかける必要があるのか?と疑問に思う方もいるでしょうね、この仕事でいろんな現場を見てきた私はこう思います「長い目で見て一番得する方法で予防しといたほうがいい」。シロアリ被害も大小様々ですが大きな被害になると修繕など含めての費用が百万単位で掛かることもあります、そういった事の無いよう何十年と大切な家族で住み続けるお家の事なので、長い目で見て一番お得な方法で対策するのがいいのではないでしょうか?、シロアリの薬剤効果が切れたお家がシロアリ被害にあう可能性は、薬剤効果が切れて10年で20%に達するというデータもあり、シロアリ予防工事はお家を長持ちさせる為、家族が安心して住み続けるためにも必要なことです、ではどうするのが一番長い目で見て得なのかという事ですが、一つの方法として当社が行っているホウ酸処理があります、ホウ酸は優れた防腐防蟻効果があり一度処理すれば効果が低下せずに半永久的に続きます、なので一般的に使用されるシロアリ薬剤のように5年ごとに処理しなくて済むので費用も大きく節約できます、成分が揮発することもないので人体への害などもありません、ただしホウ酸は水で流れてしまうので雨の当たる屋外では使用できないという弱点はあるものの雨の当たらない屋内での使用なら大きなメリットがあります、もちろんホウ酸処理がいいかどうかは私たちが決めることではなく皆さんが決めることですが、数年で効果がなくなってしまうものに費用をかけるのか、一度処理すればずっと効果が続くもののに費用をかけるのかどちらがいいと思いますか?

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

シロアリ駆除・防除サービス しろあり侍の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シロアリ駆除・防除サービス しろあり侍の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 中古・賃貸物件でのトラブル!シロアリ駆除の費用は誰が払う!?よくある質問

  • 床下の木材や柱等の音の比較によるシロアリ被害の診断事例

  • 新築後15年目のシロアリ被害